専門学校 健祥会学園
ブログ

古き良き日本の文化を知る✨〔保育学科〕

保育学科2年生の「食育Ⅰ」の授業では

『日本の食文化について』というテーマで

食育を通して日本の文化について理解を深め、茶道の体験をしました。

正座が長続きしなかったり、お茶が苦かったり、和菓子が苦手だったりと色々ありましたが😂

背筋をピンと伸ばして、姿勢よくお茶を点てるのは気持ちが良いものでした。

 

 

さて、古き良き日本の文化が大好きなHP担当は、茶道を習うメリットについて調べてみましたので

少しお付き合いください!    以下、Googleより引用 ⇓⇓⇓

 

【 茶道を習うメリット① 】礼儀作法が身につく

よく言われるのが「礼儀作法、マナーが身につく」ということです。

「食事をする」「お茶を飲む」「片づける」「物を運ぶ」などの日常的な行動が、茶道の場では改まった気持ちで行われます。

茶道を長年続けると、丁寧な所作が日常生活にも生かされるのではないでしょうか!?

 

【茶道を習うメリット②】季節の味わい、変化を楽しむことができる

茶道では季節感を大切にします。その時しか使わないお道具、花、お菓子・・・

目まぐるしく過ぎる日々の中で、忘れかけていた季節の移ろいを肌で感じることができるのです♡

 

【茶道を習うメリット③】自分自身と向き合うことができる

茶道のお稽古では毎回決まった所作に没頭することで、自分自身を見つめなおすことができます。

日常の忙しさを忘れて精神的に落ち着くことで頭が整理され、気持ちがスッキリするのです。

「何かに没頭する」「自分と向き合う」そんな時間を忘れかけている人に茶道はおススメです!

 

と、いうことがわかりました😊この他にも、まだまだたくさんありましたよ。

 

 

 

でも!!

メリット云々ではなく、日本人に生まれてきたからには、

日本の良き伝統に触れてみる時間を、たまにはつくってみてもいいかもしれませんね💗

 

 

 

関連記事
RELATED POST

PageTop