専門学校 健祥会学園

同窓会総会

令和2年度 同窓会総会

新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み、書面での総会とさせていただきました。 令和2年度 同窓会総会 承認事項

同窓会会長 退任・就任の挨拶

退任の挨拶

前会長 藤原慶治氏
専門学校 健祥会学園同窓会会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平成21年4月に志賀友子会長の後を受けて同窓会会長に就任し、令和2年3月をもちまして退任いたしました。この11年間あっという間に時が経過いたしました。在任中は役員の方々、同窓生の皆様、武田校長をはじめ各学科の先生方の温かいご指導とご支援、ご協力をいただき、心から感謝を申し上げる次第でございます。 同窓会会長として入学式・卒業式などの行事や、学校評価委員会などにも参加させていただき、諸先生方・在校生の皆様と関わる中で、本当に学ぶ事も多く貴重な経験をさせていただいたことに感謝しております。そして本年度、舩越稔会長にバトンタッチできましたことに、感無量の思いでございます。そしてこれからは、同窓会会員として同窓会・母校の発展に寄与する所存です。 同窓会会員の皆様におかれましては医療・福祉の中枢でご活躍され、会員皆様の努力により築かれた専門職としての活躍は同窓会にとっても大きな礎であると感じております。今後の同窓会として自主的な活動、新たな発想と活性化を期待しております。 末筆ながら、専門学校 健祥会学園ならびに本同窓会の限りなき発展と、会員の皆様のご多幸、ご健勝を心よりご祈念申し上げ、退任のご挨拶とさせていただきます。

就任の挨拶

会長 舩越 稔氏
このたびの新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方々およびそのご家族、関係者の皆様、感染拡大により日常生活に影響を受けられている全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。 同窓会会員の皆様には益々のご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。本年10月の同窓会総会におきまして、藤原会長のあとを受け、大役を引き受けることとなりました。 役員の方々はもちろんのこと、各学科の教職員の皆様、会員の皆様のご支援・ご協力を得て、同窓会の発展に微力を尽くして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 同窓会は平成11年に発足し、今年度で会員数も約2,900名となっております。私は作業療法学科第3期生として入学し、まだ真新しい校舎で必死に勉学に励んだあの若かった頃から早くも19年が経ちました。私の同窓生達も今ではそれぞれの病院・施設で責任ある役割を担い活躍されているのを耳にすると月日の流れを感じます。 現在、新型コロナウイルス感染症の問題が大きく取り上げられておりますが、少子高齢化社会の問題、2025年問題、さらには2035年問題と日本における医療・保健/福祉・介護分野に課せられている課題は待ったなしとなっております。 一人一人の力は小さくとも本学園の特徴である、医療分野の理学療法学科・作業療法学科、福祉分野の介護福祉学科・保育学科が同敷地内で学びの場を共有できる環境にあることを強みに、在校生の皆様の相互交流の継続はもちろんのこと、同窓会会員も主となる分野の垣根を越えて、今一度一体感のなかで様々な問題を共有し、解決に向けて提案や検討が行える場としてお役立てできるよう同窓会を盛り上げて参りたいと考えております。 最後となりますが、皆様方がより一層ご健勝にてご活躍されることを、役員共々心からお祈り申し上げ、ご挨拶といたします。

令和元年度 同窓会総会

令和元年10月19日(土) 11:40~
令和元年度 同窓会総会 承認事項

また、同窓会総会の前には特別講演会も行われました。講師に西村 博さんをお招きし、
「たった一言で福祉が変わる!~心と心をつなぐ ほめ言葉の魔法~」をテーマに
素晴らしい講演をしていただきました。

PageTop