専門学校 健祥会学園
ブログ

基礎作業学Ⅱ 作業療法学科1年 陶芸の授業風景です。

基礎作業学Ⅱ 後期授業では陶芸を行いました。

徳島県の伝統工芸である大谷焼!

外部講師の田村佳代先生(伝統工芸士)の指導により授業では土練りの方法や成形の仕方、高台つくり、素焼き、施釉、本焼きなどについて様々な技法と共に体験できました。

〇土練り

土練は力が要ります。最初はどう土を練っていいのかおっかなびっくりです。

〇素焼き

素焼きが仕上がった作品をサンドペーパーで磨いています。

〇施釉

高台には、釉薬をはじく撥水剤を塗ってから、お皿のおもて面に絵付けを行っています。この後、釉薬を施釉しました。

〇窯入れ

施釉した作品を窯入れしました。

〇本焼き・完成

陶芸の授業を通して、学生間の自然な交流がみられたり、土に触れ物を作る楽しさや成形に苦労したりしながら、世界で一つだけの自分の作品が完成しました。

 

関連記事
RELATED POST

PageTop