専門学校 健祥会学園
講座・セミナー情報

「明日を素敵に生きるには」
安藤和津さん講演会

平成31年度厚生労働省の地域医療介護総合確保基金事業、キャリアアップ研修の一環として、エッセイストでコメンテーターの安藤和津さんの講演会が専門学校健祥会学園の主催で開催されました。グループ本部の健祥会トゥモローホールを会場に、学生、医療介護の現場の職員をはじめ、広く地域の皆様にもご参加いただきました。

安藤和津さんプロフィール

東京都生まれ。元CNNキャスター。現在は、エッセイスト、情報番組のコメンテーターとして活躍。実母の介護の経験、子育てなどにまつわる著書多数。介護や老いをはじめ、「食」、女性の生き方、身近な環境問題やエネルギー問題など、豊富なテーマでたくさんの講演をこなす。夫は俳優・映画監督の奥田瑛二さん。長女・安藤桃子さんは映画監督、次女・安藤サクラさんは女優。


障がいのある叔母、寝たきりの祖母とともに暮らした子ども時代のことから、認知症の実母の介護に立ち向かった日々のことを、明るく優しい言葉で、笑いも交えながら語ってくださった安藤さん。歳を重ねてきたら、子どもや残される人のために、自分の身の回りを整え、最期をどうありたいかという思いをきちんと伝えておくべきだと語り、さらに「食」の力、「笑顔」の大切さ、「口にする言葉」と「耳にする言葉」が心をつくるということなどを繰り返し私たちに伝えてくださいました。「一語一笑」という素敵な言葉も教わり、医療介護を志す学生たちにも、現場のスタッフにも、また家族や自身の老いと向き合う人にも、心に沁みるお話でした。安藤和津さんありがとうございました。

関連記事
RELATED POST

PageTop