専門学校 健祥会学園

介護福祉学科

定員 1学年80名
修業年限 2年
取得資格
  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • ゲートボール3級審判員

方針・ポリシー

人材育成方針development policy

「福祉は人 人は心」の理念を体得し、「学問・技術・道徳」に秀でるトータルな人間を育成し、介護現場で即実践力となり得る高度な専門的知識・技術を身に付けた人材を育成する

アドミッション・ポリシー:人材受け入れ方針admission policy

  • 豊かな感性を持ち、対人援助にふさわしい人
  • 介護福祉士に必要な知識・技術を学ぶことへの意欲がある人
  • 福祉分野に強い関心がある人

カリキュラム・ポリシー:教育編成方針curriculum policy

人間力 専門力 実践力
  • 介護福祉士に必要な知識・技術を習得するために、「人間・社会の理解」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の三領域について学び、あらゆる介護場面に対応できる応用力を養うための介護実習への教育を行う
  • 利用者の自立生活を尊重した利用者ニーズに応じた「個別ケア」の実践と、高い倫理性の保持、感性を養う教育を行う
  • 利用者に最適なサービスを総合的に提供できるよう、他の福祉関係者・医療職との協働によるチームケアが実践できる能力を身に付ける教育を行う

ディプロマ・ポリシー:卒業認定方針diploma policy

人間力 専門力 実践力
  • 利用者との信頼関係を形成することができる感性を持ち、深い洞察力、利用者・家族、チームに対するコミュニケーション能力を身に付け、利用者に対する共感的態度などの豊かな人間性を持つことができる
  • 利用者の基本的人権を尊重する態度を貫く倫理観を持つことができる
  • 専門職として施設・地域を通じた汎用性のある能力を身につけ、社会貢献ができる
  • 身体面だけでなく心理的、社会的支援を重視した尊厳を支えるケアの実践ができる
  • 関連領域の基本的理解や、他の福祉関係者・医療職との協働によるチームケアが実践でき、将来管理職として施設を運営できる

学科長挨拶

進化し続ける介護技術を
現場との深い繋がりから実践レベルで学びます

本学科の教育カリキュラムは介護実習を軸として体系的に構築されており、知識と技術、実践を連動して学べる内容です。また、専門の学びだけでなく、高齢者・障がい者の尊厳を守り、自立を支える福祉人となるために、豊かであたたかな心も育てます。
卒業時には介護の最前線で即戦力として力を発揮できるよう、隣接する健祥会グループの高齢者施設・事業所等と連携し、介護への見識を深めながら、常に進化する現場の生活支援技術の体得を目指します。
2年間を通してポートフォリオを活用しながら、日々の生活、学習、介護実習、学内行事、就職支援等、学生一人ひとりの目標達成に向けて、教員が寄り添い支援。現場へでるための関門である介護福祉士国家試験については、試験対策の年間プログラムを作成し、教員が手厚くサポートすることで合格に導きます。

ポイント

ポイント1 介護現場の現状に即した知識・実践力

本学園の周辺には健祥会グループの高齢者施設や医療機関があります。実習以外にも施設見学に行ったり、学内授業に置いては、介護職員から直接の指導を受けることで介護現場の現状を知り、学びが深まります。


令和3年度 介護福祉学科実習施設一覧

ポイント2 介護の基本から個々に応じた生活支援技術

介護ニーズの複雑化・多様化・高度化に対応し、利用者様やご家族のエンパワメントを重視した支援ができることを目指します。

ポイント3  学生の目標を支援する キャリア教育

一人ひとりが自分自身の人生に責任を持ち、どんな生き方や働き方を実現したいかを考えることを大切にします。

介護福祉学科の学び

介護 「その人らしい生活」を支えるために、介護福祉士としての専門的知識・技術を学びます。
人間と社会 介護の基盤となる教養や倫理的態度を学び、社会福祉についての理解を深めます。
こころとからだのしくみ 多職種協働や適切な介護の提供に必要なエビデンスとして医学的知識を学びます。
医療的ケア 安全な医療的ケアを実施するために必要な知識・技術を学びます。

1年次 基礎学習

介護

  • 介護の基本
  • 介護サービスと地域連携
  • 介護のリスクマネジメント
  • コミュニケーション基礎
  • コミュニケーション応用
  • 生活環境の支援技術
  • 身支度の支援技術
  • 移動の支援技術
  • 食事の支援技術
  • 清潔の支援技術
  • 排泄の支援技術
  • 家事支援技術
  • 介護総合演習(基礎・参加)
  • 介護糧基礎
  • 介護過程(障害者)
  • 介護過程(高齢者)

人間と社会

  • 人間の尊厳と自立
  • 人間関係とコミュニケーション
  • 社会と生活のしくみ
  • 国際理解と情報
  • 健康と生活

こころとからだのしくみ

  • 認知症の理解
  • 認知症のある人への支援
  • こころとからだのしくみの基礎
  • 移動・食事に関連したこころとからだのしくみ
  • 清潔・排泄に関連したこころとからだのしくみ

特設科目

  • ゲートボール

介護実習(基礎)

介護実習(参加)

2年次 応用学習

介護

  • 介護の倫理と自立支援
  • 生活と介護
  • 介護の多職種連携
  • 障害の特性に応じた支援技術と応急手当
  • 休息・終末期の支援技術
  • 福祉用具活用と災害時支援
  • 介護過程(居宅)
  • 介護家庭統合
  • 介護総合演習(総合・発展)

人間と社会

  • チームマネジメント
  • 社会保障制度
  • 介護福祉学総論
  • キャリア形成実践

こころとからだのしくみ

  • 成長と発達
  • 高齢者の健康
  • 障害の理解
  • 障害のある人への支援
  • 睡眠・終末期に関連したこころとからだのしくみ

医療的ケア

 

介護実習(総合)

※本学園では、入学前教育を行っております。アクティブ・ラーニングを導入し、入学後学生が能動的に学習できる環境を整えています。

主な授業

知識と実践力

医療的ケア
医療的ケア
医療職との連携のもとで医療的ケアを安全・適切に実施できるように、必要な知識や技術を学びます。
グループワーク
グループワーク
グループワークはアクティブラーニングの代表的な手法の一つです。他社に説明することで情報の整理ができ、知識が定着します。仲間との議論の中で、主体的・対話的で深い学びができます。
健康と生活
健康と生活
健康の概念を学び、介護予防の知識と技術を学びます。
災害時の避難誘導
災害時の避難誘導
災害が発生したときの介護福祉士としての役割について学びます。
家事支援技術
家事支援技術
調理工程を考えながら、美味しく食事を摂っていただけるよう作ります。
ICT教育
ICT教育
介護現場でICTを活用できる力を基礎から学びます。

介護施設と連携 実習で学ぶ

 

介護実習(基礎)
介護実習(基礎)
1年前記に実施される学外実習。ここで、初めて介護の現場を体験します。実際の利用者との関わり方や、ケアのコツなどを現場の先輩からアドバイスしてもらいながら、経験を重ねます。
介護実習(参加)
介護実習(参加)
1年後期に実施される学外実習。さまざまな福祉施設で利用者様の生活を理解し、どのような支援が必要かを考えます。
介護実習(総合)
介護実習(総合)
2年前記に実施される学外実習。この実習経験により、卒業後スムーズに働き始めることが可能となります。

目標を支援 キャリア教育

介護の日の啓蒙活動
介護の日の啓蒙活動
地域の方にバーチャルリアリティで認知症を体験していただき、認知症への理解普及に努めています。
ポスターセッション
ポスターセッション
2年生が学外実習での学びを1枚のポスターにまとめて発表します。1年生や教員、実習指導者等にも参加いただき、質疑応答では自分の考えを伝えます。

卒業生を支援 卒後教育

文化講演会
文化講演会
学外講師を招いての講演会に参加することで、事故の考えを広げていきます。
同窓会勉強会
同窓会勉強会
介護支援専門員受験対策講座や勉強会などを開催し、卒業後のキャリアアップにも取り組んでいます。

サポート

国家試験サポート

授業を中心に効率的な学習
グループワークによる学習
国家試験対策講座や模擬試験の実施

日常の授業が国家試験合格につながる教育内容です。学生5~6人に教員一人というグループを組み、小集団学習を徹底サポート。学生同士が刺激し合ってやる気を高める環境を形成します。随時、模擬試験を実施し、個別に対応した学力向上に向けてのサポートをしています。

介護福祉士国家試験 合格率100%(全国平均71.0%)※2020年度実績

介護福祉学科 24期生
新居 宏介 さん

国家試験合格のポイントを分かりやすく
日々の授業の中で重要なポイントを強調して伝えてくださったり、毎日のホームルームを活用し問題を解き、解説をしてもらうことで無理なく理解を深めていくことができました。国家試験前には補講授業を開講してくださり、ただ覚えるのではなく、復習・確認をして、自身をもって国家試験を受けることができました。

 

介護福祉学科 24期生
川原 真弓 さん

先生や仲間とともに勝ち取った国家試験合格
国家試験対策講座では、各分野別にポイントをわかりやすく解説してくださり、過去問題などを繰り返し解くことで自分の苦手分野を知り、その克服に務めました。また、わからないところは先生方が個別の質問にもしっかりと応じてくださり、理解を深めることができました。加えて、学生同士でポイントを確認し合い、教え合うことで、共に挑戦するたくさんの仲間がいることを実感し、とても心強かったです。

 

就職・経済サポート

進路・就職支援について 入学金・学費等について

関連記事

介護福祉学科に関する記事一覧

お問い合わせは

専門学校 健祥会学園

〒779-3105 徳島市国府町東高輪

フォームから お問い合わせフォーム」よりお問い合わせ下さい。
お電話の場合 TEL:088-642-9810
◎受付時間:平日/9:00〜17:00
メールでの場合 info@kenshokai.ac.jp

PageTop